3年後の目標:

・40歳で海外の製造子会社を経営できるだけのスキルを身に着けること。

・世界で通用するビジネスマンとなること。(

 - 論理的な議論

 - 英語

 - 

 

■今年の目標:

・ネイティブと互角に議論できるだけの英語力を身に着ける

・簿記二級レベルの知識を身に着ける

 

 

自分のおかれている状況

会社立ち上げ時のメンバーの中では最速で34歳でマネジャーに昇進。

 

現在(2017年現在)、

マネージャーとしてのマネージメントスキルに磨きを掛けている。

 

プレイヤー

 

 

 

・営業

スーパーバイザー 1人

アナリスト 1人

アシスタント 1人

 

・購買

アナリスト 1人

 

3年経過してやっと部下に実務のほとんどを任せられるようになった。

 

会社はゼロからの立ち上げ。

自分の会社が製造している製品の知識を持っている人間はゼロ。

営業のスーパーバイザーとアナリストは以前の会社を首になって退職した人間。

購買のアナリストは工場の現場上がり、経理部の、営業部にコンバートしたが、実務経験ゼロ。

 

まさにビジネス版、キャプテン、第三名門野球部というところ。

この様なメンバーで現在の状態まで持ってこれたのは奇跡に近い。

 

■部下の育成の目標

 

・コミュニケーション(報連相)スキルのアップ

・問題解決能力のアップ

 

 

■上司としての自分の目標

・チームのタスク管理、日程管理

・部下のモチベーション維持

会社は急成長